●ブロックマンファイター●


ブロックマンファイターはロボットからバトルメカに

組み変え変形が可能なブロックの食品玩具である。

本製品は、以前マーク社より発売されていた物の仕様変更商品で、

初期のジャム製品にはマーク製品の再販が非常に多い。

で、実際の商品であるが、デザインや造型は非常に良いのだが、

材質が塩ビで塗装やシールの貼付も一切無いため

見栄えが悪くなっているのが残念である。

出来る事なら、最近の技術を使用して

彩色済みモデルとして、再販してもらいたいトコロである。

ブロックジープ↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)

ブロック4WD↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)

ブロックタンク↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)

ブロックバギー↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)

ブロックファイヤーバード↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)

ブロックヘリ↑(左の画像がロボット形態で右の画像がマシン形態である。)
●商品の販売形態について●

@初版

名称は「ブロックマンファイター」。

最初に発売されたもので、「ブロックヘリ」「ブロックジープ」「ブロック4WD」

「ブロックタンク」の全4種類であった。

A再販版T

名称は「ブロックマンファイター」。

@が店頭から姿を消した頃に再販されたもの。「ブロックヘリ」「ブロックジープ」

「ブロックバギー」「ブロックファイヤーバード」「ブロックタンク」の全5種類。

B再販版U

@Aが店頭から姿を消した頃に再販されたもの。名称は「変形ブロックロボ」。

「ブロックヘリ」「ブロックジープ」「ブロック4WD」

「ブロックバギー」「ブロックファイヤーバード」「ブロックタンク」の全6種類。