●スーパーマシーン●


スーパーマシーンはカーモードに変形可能な食品玩具のロボットである。

本製品は、以前マーク社より発売されていた物の

仕様変更商品で、主な変更点としては

塗装、メッキの省略と、シールの図案、材質の変更があげられる。

で、実際の商品であるが、一見して分かるように

TVアニメ「超攻速ガルビオン」に登場した「ガルビオン」

「エクスキャリバー」「マルゴ−X」と瓜二つであり

これは、マーク社が色々なキャラクター物の商品を発売していた

事より想像するに、「ガルビオン」の商品を開発したものの

製作会社の倒産により、番組自体が早々に打ち切られてしまったため

一部仕様を変更して発売されたのではないだろうか?

また、商品そのものの出来は非常に良く、変形ギミック等も凝っており

かなりレベルの高いアイテムであると言えるだろう。

スーパーZ↑(左の画像がロボット形態で右の画像が自動車形態である。)

スーパーA↑(左の画像がロボット形態で右の画像が自動車形態である。)

スーパーX↑(左の画像がロボット形態で右の画像が自動車形態である。)
●商品の販売形態について●

本商品は食品玩具として発売され、全3種類であった。
●参考●

「スーパーマシーン」がマーク社から発売されていた時には

(この時点での名称は「スーパーロボカー」であった。)

上記の3種類の他に、もう一種類「ゼクター」タイプの物

(名称は「モンティカルロ」)が発売されていたので紹介しておく。

モンティカルロ↑(左の画像がロボット形態で右の画像が自動車形態である。)

モンティカルロは他の三体に比べて、かなり複雑なパーツ構成で

ダイキャストパーツも多い為、ジャム社から食玩として

再販される際には、オミットされてしまったのであろう。

(ちなみに、他の3体のマーク版での名称は「デイトナ」「インディ」

「エックス」であった。)

上の画像はマーク版のパッケージ。